ブログ

カレンダー

2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

カテゴリー

2017.10.15

[108]言葉遣い

「ことばには、他人の言い方が誤用だと思ってしまうと、なぜかそれを黙って見過ごせないという、おかしな魔力がある」
何かの折で私が目にした言葉である。
これはまさに私のことだ!
確かに今まで誤用について、このブログでも何回か取り上げた。理由は2つある。1つは読者様に日本語を正しく使うことを認識してほしいこと。もう1つはこれを書くことによって自分が誤った使い方をしないよう意識づけることである。偉そうに「この使い方は間違いだ」と言っている本人がそれを使っているようでは説得力がまったくない。
誰とは言わないが、自分が「こうしろ」と言っているのに自分がそれをしていなかったり、自分が「これはするな」と言っているのに自分がそれをしているとかしていたりする場合がある(←誰のことかは触れない、知りたい人は私に直接聞いてもらってもいいが、ごく一部の人を除いて誰なのか分からないだろう)。
さて何度も言っていることで飽き気味かもしれないが、やはり定期的に言葉遣いについては触れようと思う。
次の①と②③についてどう思うだろうか。
①停車駅は、十三に止まります。
②このぐらいの量なら、全部食べれる。
③この点数ヤバい、もしかしたら学年最高点かも。
まず、「次の①と②③についてどう思うだろうか」という、不自然な文についてどう思うだろうか。①と②③は私の中では違うと思っているからである。
①②③いずれも誤用であるが、最近②③は正しいとして定着しつつある。②はいわゆる「ら」抜き言葉で、③はヤバいをいい意味で使う、ということだ。言葉は時代によって変化するので誤用だと言い切れない部分もある。ただし、作文や小論文では避けた方がいいだろう。
一方で①は時代が変わっても誤用と思っている。停車駅に止まるのは当たり前、停車駅に止まりません、では翌日の新聞記事になってしまう。「停車駅は、十三です」か、「十三に止まります」のどちらかに改めるべきだ。
このように時代が変わっても誤用というものを使わないように気をつけよう。
最後までお読みくださりありがとうございます。
このブログでは、コメントを受け付けております。右にある「コメント」をクリックして書き込んでください。
(I)

2017.10.11

[107]するべきことはきっちりこなそう

以前「怒りの投稿」というのを書いた(こちらをクリックするとお読みになれる)。改善を願って書いたものである。ところが、残念ながらまたまた同じような事例が出てきてしまった。
ここでは内容を詳しくは書けない(個人が特定される恐れがあるため)が、要はするべきことを「こなしていない」のである。
正直、舐められたモンだと思う。
この事例はあまりにもひどいので、対策を講じることにする。昨日から動いているが、これですべきことをこなしていない場合、こちらもそれなりの対応を考えたいと思う。
するべきことプラスアルファを頑張ってこなそうとする素晴らしい人もいらっしゃる。これらは大きな差となって出るだろう。
皆さんのヤル気を期待するが、そろそろそれを待っているだけではダメかも、などと思わせないようにお願いしたい。

なお、前回同様、物事をきちんとこなしている人には不快な投稿になっているに違いない。お詫び申し上げる。

最後までお読みくださりありがとうございます。
このブログでは、コメントを受け付けております。右にある「コメント」をクリックして書き込んでください。
(I)

2017.10.09

[106]気分転換

さあ今日も頑張ってブログを書くぞ、ということでパソコンの前に座り、電源を入れ、ホームページ編集画面を開き、準備OK!
しかし、何も思いつかない。ということで×をクリック。
時間の無駄遣いだ。
その一方で、日常の何気ないひと時にふと「あれを書こう」と思いつくこともある。
「これをするぞ」と意気込んでも行き詰まることがあるだろう。そういうときは一度それから離れるというのもひとつの作戦だ。「気分転換・リフレッシュ・息抜き」などという言葉がよいだろう。
問題を解いていて行き詰まったとき、ずっと同じものを考え続けていると思考が停止してしまうことがある。そういうときは気分転換が必要だ。しかし時間の余裕がナイ場合もあるから、そういう時は違う問題・違う教科を取り組むことで気分転換できると思う。
ただし、時間がナイのに「気分転換」といって休憩し、そのままダラダラと過ごすことのないように気をつけてほしい。
ちょうど今、中間テストの時期である。受験生でなくても時間の余裕がないかもしれない。
上手に「気分転換」をしつつ、限られた時間を有効に使おう。
最後までお読みくださりありがとうございます。
このブログでは、コメントを受け付けております。右にある「コメント」をクリックして書き込んでください。
(I)

2017.10.05

[105]辞書にチェック機能を持たせる

皆さんの使っている辞書。私は紙の辞書を使っていたが、今の時代は電子辞書が普通になった。悪いことではないが、次のような話はもしかしたら聞いたことがあるだろう。
辞書で調べたところに赤線を引く。そうすれば次に同じ単語を調べたときにきちんと覚えられていないことに気づく、という。
私は高校の英語の辞書に赤線を引いていた。
電子辞書でもこのようなことができる(例えばチェック☑を入れられるであればそれで代用)のであればぜひ実施してみてほしい。自分がきちんと覚えられているかチェックできる。
今日は短いがここまでとしよう。
最後までお読みくださりありがとうございます。
このブログでは、コメントを受け付けております。右にある「コメント」をクリックして書き込んでください。
(I)

2017.09.30

[101]~

[81]~[100]

[101]御座候を食べよう

[102]クールビズの設定温度は28℃ではない

[103]気にしている

[104]誤字に気をつけよう

[105]辞書にチェック機能を持たせる

[106]気分転換

[107]するべきことはきっちりこなそう

[108]言葉遣い

[109]選挙に行こう

[110]オンリーランナー ~大阪マラソンに出場する今村先生を応援しよう~

[111]先憂後楽

[112]またまた言葉遣いが気になる

2017.09.30

[104]五時に気をつけよう

今日のテーマは『「誤字」に気をつけよう』である。もうお分かりだと思うが、タイトルの文字は「誤字」である。ちょっと遊んでみた。(ばかなことするな!・・・すみません)
なお、ブログのタイトル一覧(こちら)では正しく表記している。
某コメント欄(関ゼミブログではナイ)の誤字の多さが気になる。以外と多いのは「意外」と「以外」。あっ、私が間違えた。ということでやり直し。意外と多いのは「意外」と「以外」。ほかにも「あなたの意見を指示する」とかあった。だれに指示?支持だろう。
きちんと意味を考えて使うようにしよう。
このブログを執筆するとき、ちょっとでも疑わしい言葉、漢字は調べるようにしている。間違えてしまうとマズいからである(当たり前か)。疑惑が解明しないとき(犯罪者ではナイ)は別の言葉に置き換えて対応する。
AO入試の作文提出はもう終わってしまったかもしれないが、これから作文を提出する人は必ずひと通り見直して、誤字・脱字がないか確認するようにしよう。特に怖いのはパソコン入力で自分の意図しない漢字に変換されていることだ。実はここで「AO入試」という言葉を使ったが、よく見ると「AO乳歯」になっていた。図らずも例を挙げる結果になってしまった。このような失敗をしないよう気をつけてほしい。
最後までお読みくださりありがとうございます。
このブログでは、コメントを受け付けております。右にある「コメント」をクリックして書き込んでください。
(I)

2017.09.23

[103]気にしている

最近いろいろと考えることが多い。普通に考えてボーっとしていて仕事ができるわけがないが、しなければいけないことをあれこれ頭の中で考えすぎてしまう。なので、しなければいけないことはさっさと終えてしまいたい。
それとは別に考えてしまうことがある。それは生徒のことだ。特に気になる人が2人いるが、考えているだけでは八方塞がりで解決しない。今度その生徒が来た時に聞いてみようといつも思ってはいるが、ほかの生徒がいるところで聞くのは如何かと思うのでなかなか聞くに聞けない状態だ。今週こそは聞いて私の心配を解決したいところだったが、その今週も聞けずに終わってしまった。来週はチャンスを作って聞いてみよう。
こんな状況なので、いつもリフレッシュというモノとはほど遠い状況だ。寝不足気味になることも多い。時に疲れがかなりたまっていると感じることもある。そもそもこのブログも関ゼミでではなく、家で書いている。休まるわけがない。
私のことはさておき、休むときはできるだけそのことは忘れよう。例えば勉強でするべきことが多いが、疲れたため休憩しているとしよう。その休憩時に「次はあれをして、これをその次に」などと考えていると頭が休まらないので休憩の意味がなくなる。リフレッシュしたことにならない。
常にいろいろ考えているのは状況判断を行う上ではいいかもしれないが、頭や気持ちの切り替えをおこなえるというのも大事だ。
皆さんは「勉強モード」「休憩モード」など気持ちの切り替えは早くできるだろうか。自習しているが勉強が上の空になっていたりしないよう気をつけてほしいものだ。
途中から話がタイトルとずれてしまったが、これでも一応皆さんことは気にしている。私の心配が減るようにしてくれるとありがたいが、きっと何をしてもらっても私の心配は皆無にはならないだろう。
最後までお読みくださりありがとうございます。
このブログでは、コメントを受け付けております。右にある「コメント」をクリックして書き込んでください。
(I)

2017.09.15

[102]クールビズの設定温度は28℃ではない

涼しくなってきた今と合わない話題だが、クールビズという言葉が定着して久しい。しかし、誤解をしている人が多いそうだ。それは「冷房の設定温度は28℃にしよう」である。
28℃は冷房の設定温度ではなく、室温である。エアコンでは設定温度まで温度が下がっていないこともある。したがって、28℃設定だと実際はそれ以上で推移していることもあるということで間違いだそうだ。
実はかく言う私も「冷房の設定温度は28℃にしよう」だと思っていた。これは次の点が誤解を生む要因だと思う。
①環境省のPRの仕方がまずい
②エアコンの温度設定の数字そのものに意味がない
いずれかだろう。
ここで言いたいのは紛らわしい表現を避けるようにするべきだ、ということだ。
私が答え合わせをするときに生徒の字を読み間違うことがある。「ちゃんと読め」という意見も一理あるが、一番は「誰が読んでも誤解を招かない字を書く」ことである。今後、このようなことがあった場合には容赦なく×を入れる。「こんなブログ読んでいないから知らなかった」という意見は却下する予定だ。
また、小論文を書くときも、誤解を招く表現はないか、今一度気をつけるようにしよう。
最後までお読みくださりありがとうございます。
このブログでは、コメントを受け付けております。右にある「コメント」をクリックして書き込んでください。
(I)

2017.09.09

[101]御座候を食べよう

私の書いているブログも100回を超えた。いろいろ書いてきたのでもう終えてもいいかな、とか考えていた。
しかし過日、またブログを書こうと思う出来事が発生した。
北口の駅で久しぶりに私の教え子に会った。
私の教え子といえば以前にも取り上げた。え?知らない?そういう人はこちらをクリックして読んでほしい。ペンキがほしい人はこちらをクリックしてほしい。
過日お会いした私の教え子はこの人とは違う。株式会社モリエンに努めているのは女子だったが、今回お会いしたのは男子である。
この人を教えていたのはかなり昔で、この人が中学生のときであったが、今はもう30代だとか。しかしお互いがすぐ分かった。全然変わっていないようだ。少なくとも私はそう思った。[83]株式会社モリエンに続き、私の教え子の活躍を紹介できることはうれしい限りである。
この人は北口の御座候で働いているそうである。ぜひ応援のためみんなで北口の御座候で買って食べよう。阪急百貨店の1階、551の蓬莱さんのとなりにある。モール側出入口南を入ってすぐ左側である。場所が分からない人ははこちらをクリック。
最後までお読みくださりありがとうございます。
このブログでは、コメントを受け付けております。右にある「コメント」をクリックして書き込んでください。
(I)

2017.09.01

関ゼミ通信9月号

いよいよ今年の夏も終わりました。今年も10月から受験生の皆様に、過去問をお渡しし、点数を付けて

お返ししていきます。毎年見ていると12月になると一気に過去問の点数が上がる生徒が多くなってきます。

(私大は、目標7割)

その為の土台作りが9月です。この1ヶ月で基礎を徹底しておかないと、過去問の見直しに膨大な時間がかかり過ぎ、数がこなせません。

 英語ならもう一度単語熟語、英文法・構文、短文訳、300語レベルの長文演習を仕上げていきましょう!

あとは、点数を稼ぎたい科目と、弱い科目の勉強時間の量と密度を上げていって下さい。

 ここからは集中力の差が、合否の差になります。1回の勉強で最低1時間は勉強のゾーンに入ること!!

 

◆チャンスの女神は後ろ髪が禿げている。

◆幸運の女神は謙虚さを好む。(米長邦雄)

◆賢い人は自分の経験から学ぶ、もっと賢い人は他人の経験から学ぶ。

◆人生は心がけと努力次第。(安岡正篤)

◆若いとき流さなかった汗は、老いてから涙となって返ってくる。

◆艱難は忍耐を生じ、忍耐は練達を生じ、練達は希望を生ず。(聖書)

◆海より広いのは空、空より広いのは心、心あるところに宝あり。(手島郁郎)

◆小人は自分の能力のすべてを直接自分のためだけに使ってしまう。大人は能力の大半を世の中のために使う。

◆中途半端だと愚痴が出る。いい加減だと言い訳が出る。一生懸命だと知恵が出る。

◆目は美しいものを見よ。口は正しいことを伝えよ。手はよいことを行え。(前川原良)

◆人生に失敗がないと、人生を失敗する。(斉藤茂太)

◆できるかできないかではなく、望むか望まないか。(イチロー)

© 関学ゼミナール All Rights Reserved.