関ゼミ通信

2017.04.01

関ゼミ通信 平成29年4月号

本年度の入試問題もやっと分析し終えました。英語に関して言えば、特に関学・同志社で単語レベルがより上がりました。少しでも早く暗記していく必要があります。授業は4/8からですが、春休み中いつでも事務所に来てもらえば、単語・熟語<ターゲット>・文法の小テストを実施して、理解力を深めてもらいます。是非、お気軽にお立ち寄りください。
また、受験学年の方も、そうでない方も、是非オープンキャンパスに足を運び、それぞれの学校の教育方針と雰囲気を自分自身で確認し、志望校選びに役立てて下さい。現地に行ってこそわかる事もたくさんありますし、特に各校の理念(モットー)も聞いてきてください。
私は関学のモットー“Mastery for Service” が大好きです。「奉仕のための練達」と訳しますが、つまりは勉強したり働くのは、人のためや社会のために役立ってこそという考え方です。この発想は極めて日本人的と思っています。留学した際、アメリカ人に夢は?と聞くと、ほとんどの男性は「無茶苦茶働いて、40歳でハッピーリタイアメントして、奥さんと世界旅行に行く」と答えていました。(1980年前半の時代背景もあると思いますが) さらに聞くとlabor(働く)は“労苦” が語源との事。苦しみがあるから、できるだけ早くリタイヤしたいとの事でした。対して日本人は、会社を運命共同体と感じ、働くを傍楽と解釈している人が多く、周りがしんどそうに残業していたら手伝うという人がほとんどでした。(あくまでも当時は) 
大陸で育った肉食中心の人々は己のみという人が多く、日本人のような島国の農耕民族は、「和を以って貴しとなす」という聖徳太子の言葉通り、世間の中の自分を意識し、八百万の神に感謝しながら、米を作る事から、自然と、働くことは、周りの人のため、しいては社会のために役立つ事という考え方が、DNAに刷り込められています。関学の125年前に生まれたモットーは、実は、日本人とピッタリ合う考え方でした。皆さんも是非志望校に合格して、周りに刺激をうけ、自分の欲だけを満たすのではなく、周りを幸せにすればする程、自分がいかに幸せになれるかを感じ取っていって欲しいと思います。

誰かの力になる。  それがあなたの力になる。 
平成29年3月末日   
理事長 中井信哉

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

戻る

ページのトップへ
© 関学ゼミナール All Rights Reserved.