ブログ

2017.10.18

[109]選挙に行こう

もうすぐ選挙がおこなわれる。そこで今回のタイトルが「選挙に行こう」としたが、ん?違和感を覚える?「私には選挙権がありません」とか言われそう。
そもそも選挙権がある生徒は高3の一部と本科の皆さんに限られてしまう。しかし、「18になったら選挙に行く」と言っている生徒もいらっしゃる(前から言っているが「おられる」は誤用)。
ちなみに私は選挙権を行使しなかったのは1度だけだ。長期入院中に選挙があったため投票に行くことができなかった、その1度だけだ。
ところで、なぜかなりの割合で選挙権がない人がいるにもかかわらず、このテーマを取り上げているのか。
それは「何かをしないと事が始まらないから」ということを言う例としたかったからである。
関ゼミ通信8月号を見てもらいたい。こちらをクリックすればすぐに見ることができる。
ポイントは①の「強い者が勝つのではない。勝った者が強いのだ」だ。これは私の「結果がすべて」という考え方に一致する。しまった、この話と関係なかった。ということでやり直し。
ポイントは④の『成功の反対は失敗ではなく、「やらないこと」だ』だ。「合格したい」と思うなら、単語や漢字を一つでも多く覚えることだ。努力しよう。「覚えられない」という意見もうかがうが、覚えきるまでやっていないのではないか?と思う。本を眺めているだけでなく、声に出す、書く、などのアクションを起こそう。自分にとってどうするのが一番かいろいろ試すようにしよう。ところがこの私も最近覚えることが難しくなってきた。トシのせいか?そう思いたくないので覚える努力をしよう。

残念ながら受験生という態度が漂わない生徒がいらっしゃる。他の人の迷惑なので今すぐ改善するか、退場するか、してもらいたい。
塾にいるだけでは受験合格は勝ち取れない。

最後までお読みくださりありがとうございます。
このブログでは、コメントを受け付けております。右にある「コメント」をクリックして書き込んでください。
(I)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

戻る

© 関学ゼミナール All Rights Reserved.