ブログ

2016.05.19

[17]一夜漬けを減らそう

基本的には中学生向けの話であるが、高校生にも当てはまるかもしれない。
早い学校なら中間テストが始まっているかもしれない。実はこの時期の中間テストは3パターンあり、「5月に中間テスト」「6月に中間テスト」「中間テストは実施されない」。塾としてはゴチャゴチャするところである。
ただ、定期テスト1週間前になって「何もしていない」と言い出し、必死で取り組むという事例がある。これがよくないのは分かっていただけると思うが、このやり方で詰め込むと、記憶から消えるのも早くなるのだ。最近実力テストや模試になると点数が極端に落ちる生徒を見ることが多くなったが、これが原因だと思う。
「実力テストや模試の前日には何をしたらいいですか?」という質問に私が「早く寝る」と答えたことがある。冗談や嫌がらせではない。真面目にそう思っている。実力テストや模試は普段の勉強の習熟度合いを図るものなので、容易く点が取れるかずがない。そんな方法があるなら、私が知りたい。日頃からコツコツ努力して、定期テスト前に総復習、という流れを作ろう。そうすることで、実力がつき、定期テストだけでなく、受験勉強の負担を少し減らせると思っている。
最後までお読みくださりありがとうございます。
(I)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

戻る

ページのトップへ
© 関学ゼミナール All Rights Reserved.