ブログ

2016.06.06

[21]「手段」が「目的」に変わっていないか

これは大人にも言えることではないかと思う。
どういうことかを例を挙げてみよう。
学校から渡された数学の問題集を解く。なぜ解くのか。お分かりだと思うが理解して実力をつけるためだ。ところが解答をせっせと写して提出している生徒がいる。
この例では、数学の実力をつける「目的」を達成するために問題集を仕上げるという「手段」をとる、ということになっている。しかし、それがいつの間にか問題集を仕上げることが「目的」に変わっているのだ。
私は常々「解答を写すだけではダメだ」ということを申している。問題集を解くのを「目的」にしてほしくないからだ。
このように皆さんもいつの間にか「目的」が「手段」に変わったりしないよう気をつけてほしいと思う。
最後までお読みくださりありがとうございます。
(I)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

戻る

ページのトップへ
© 関学ゼミナール All Rights Reserved.