ブログ

2016.06.29

[25]時間を守ろう

前回に続き「時間」をテーマにして執筆する。
「時間を守る」というテーマにしたが、はっきり言って当たり前のことである。ところがおとなでも時間にルーズな人が時々いる。例えば、待ち合わせに遅れる、打ち合わせの時間を直前に変えるなどである。
皆さんの場合、(学校もそうだが)塾の時間に遅れたりしていないだろうか。もちろん明確な理由があれば仕方ない。電車が遅延した、学校が長引いた、部活が予定より遅く終わった、などである。しかしダラダラしていた、時間を間違えた、などは明確な理由に入らない。
若い人に「時間を大切にしよう」はなかなかピンとこないかもしれない。しかし若くて時間の大切さが分かっていればそれだけ未来の可能性が大きくなると思う。
最後までお読みくださりありがとうございます。
(I)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

戻る

ページのトップへ
© 関学ゼミナール All Rights Reserved.