ブログ

2016.09.09

[31]諦めたら終わり

久しぶりのブログ更新である。サボっていたわけではないが期間があいてしまった。
夏休みも終わりそろそろ夏の疲れが出るころである。かくいう私が今、夏の疲れがきている。涼しくなってきたのがまだ救いだ。
さて、いよいよ勝負のときが来た。AO入試を予定している人はもう出願を済ませた、という状態かもしれない。
当たり前のことだが、諦めてはいけない。負の気持ちをできるだけ持たないようにしよう。
「入試に100%はない」
私がよく口にする言葉だ。これは合格がほぼ間違いない人への戒めであるが、逆に言うと受ける前から100%不合格、ということもないのだ。
実際あった話(大学入試ではないが)を挙げる。
入試まであと数日なので、過去問を解いたところ、満点が300であるにもかかわらず、合計点がその年の合格最低点に約100点足りない、ということがあった。
これは無謀だとは思ったが、お察しのとおり合格したのだ。
受けるからには、必ずチャンスはある。最後まで自分の持っているものを出すようにしよう。
最後までお読みくださりありがとうございます。
(I)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

戻る

ページのトップへ
© 関学ゼミナール All Rights Reserved.