ブログ

2016.11.11

[38]本当に「予想に反して」なのか

ご存知のとおり、アメリカ大統領選挙の結果、共和党のドナルド・トランプ氏が次期大統領になることが決定した。
私はこれに関連する記事で疑問に思ったことがある。
それは「予想に反してトランプ氏が大統領に選ばれた」である。
どこに疑問を覚えるかというと、タイトルのとおり本当に「予想に反して」なのかである。
私の周りにあった情報では「接戦」だった。なので、トランプ氏が大統領に選出されても驚きはない。
皆さんは受験する学校を模試の志望校に書いて判定をもらう、ということをするであろう。しかし、それは今の時点での状況に過ぎない。
今の状況をもとに予想しているだけなのだ。
したがって判定が良くても安心してはいけない。逆に判定が悪くても逆転の目が消えたわけではない。
予想は外れることもある。
最後までお読みくださりありがとうございます。
(I)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

戻る

© 関学ゼミナール All Rights Reserved.