ブログ

2016.11.29

[47]第1志望へのこだわり度合

今日は受験する上での作戦の話である。基本は中学受験・大学受験の話である。 まずあなたは次の[A][B]どちらにするかである。
[A]とにかく第1志望はあきらめたくない、最悪の事態になる覚悟もある。 最悪の事態とはすべて不合格になり、中学受験では公立中学へ、大学受験では浪人生となることを指している。
[B]公立中学や浪人は避けたい。どこでもいいから大学か私立中学に進みたい。

ここでどちらにするかは当然本人の自由であるが、[B]を選んだ場合は幅広く考える必要がある。受験日の重なっていることがあるからだ。例えば中学入試なら第1志望を関学とすると1日目・2日目と2日間とられてしまうので、他の学校を受けるなら1日目の午後受験か、3日目以降となり、選択肢がかなり少なくなる。 第1志望へのこだわりがどのくらいあるかによって話が変わるので、じっくり考えて、悔いのないようにしてほしい。

最後までお読みくださりありがとうございます。 (I)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

戻る

ページのトップへ
© 関学ゼミナール All Rights Reserved.