ブログ

2016.12.03

[49]ひと手間入れても効率アップ

昨日、ルミナリエ開催⋯という内容のブログを書いた(こちらをクリックするとお読みになれる)。これは私の家で書いたのだがこのときに気づいたことがある。
それはパソコンを起動したときに「更新プログラム」がナントカ、とかいう画面が出たことである。
これはなんとかするべきことだと思っている。
当たり前のことだが、パソコンを起動するのは使うからである。起動して使用せずに放置、というシチュエーションは考えにくい。にも拘わらず、起動してから「更新プログラム」がナントカ、というのは時間の無駄遣いである。使用終了時に電源を落とす→次に電源を入れるときに更新プログラム、というのを、使用終了時に電源を落とす→すぐ自動で再起動して更新プログラム→自動で電源オフ、というようにするべきだ。このようにすれば、次回使用時に電源を入れた際もスムースにいける。
更新プログラムは単に時間を食う悪いモノ、という扱いにならないようにしてほしい。
さて、このようにひと手間あるほうがよい場合がある。皆さんの勉強や生活でも一度検討してみてはどうだろう。
最後までお読みくださりありがとうございます。
(I)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

戻る

ページのトップへ
© 関学ゼミナール All Rights Reserved.