ブログ

2016.12.10

[51]落ちる、滑るは禁句?

私のブログも50回を越えた。
今日の内容はどこかからお叱りを受ける可能性がある。にも拘わらず書く。
こういう姿勢だからお叱りを受けるのか?
受験前にこの話を持ってくるというブラック度合いがマズいのか?
さて本題。よく入試が近づくと「落ちる」や「滑る」を受験生の前で言うのはマズい、というようなことがある。
それに対して私はまずいという気持ちはまったくない。
無理に「落ちる」や「滑る」を使用するような意味不明たることはしない。しかし、「落ちる」や「滑る」を聞いただけで過剰反応するような精神状態で入試に臨むと本当に「落ちる」「滑る」になってしまうと思う。
要は気持ちの持ち方なのだ。
例えば、「鉛筆落ちたよ」と言われ、「あー落ちた」などと考えず、「今落ちたのか。入試でなくてよかった」とか考えてみよう。「今落ちたから入試では落ちない」とかいう考えでもよいだろう。
自分は受かる、という強い気持ちを持って臨むべきなのだ。不安がある人はお守りなどを持っていくようにしてみよう。とにかく運を自分の合格の方向に持っていく、その上で臨めばいいのである。不安は誰でもある。だが、それに負けないようにしよう。
しかし入試を目前にして「落ちた」を大量に書いている私って⋯。
「だからお叱りがあるんだよ!」その通りかも。
最後までお読みくださりありがとうございます。
(I)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

戻る

ページのトップへ
© 関学ゼミナール All Rights Reserved.