ブログ

2016.04.21

[7]勉強に対する考え方

「ある数学者は、自分は生命を燃焼させて数学の研究に取り組んでいる」
私が高校生のとき、卒アルで自分の一言を書く欄があり、そこに当時の私が書いた言葉である。
そのときはこれだけしか知らなかったが、詳しく調べるとこのことばを発したのは岡潔(おかきよし)さんであることが分かった。
昭和35年に文化勲章を受章したとき、昭和天皇が、「数学とはどのような学問ですか」とご質問なさったそうで、そのとき岡さんは「数学は生命の燃焼によって作るのです」と答えたとのこと。天皇陛下に対しての発言だったとは思いもよらなかった。
この人は「寝ているとき以外はいつも数学をしている」と噂されるほど数学に没頭していたようだ。
さて、皆さんの勉強に対する情熱はどうだろうか?
目標が近づいたときには岡さんのように勉強に「生命を燃焼させる」くらいの意気込みが必要だろう。
最後までお読みくださりありがとうございます。
(I)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

戻る

ページのトップへ
© 関学ゼミナール All Rights Reserved.