ブログ

2017.08.08

[95]信頼

「信頼を築き上げるのには相当な苦労が必要だが、崩れるのは一瞬である」
「一度失った信頼を再構築するのはほぼ不可能、と言ってもいいほど大変だ」
これはある有名な人の名言である⋯というのは嘘で、私が作った言葉である。
手前味噌だが、これはかなりいいことを書いたと思っている。初対面の人に信用はナイと考えるべきである。
塾で初対面というとに体験に来たときであろうか。はたまた説明会や、資料をもらいに来た、という状況も考えられる。
しかしそれは塾の名前に信頼を置いているのであって、担当の先生にはまだ信頼はナイのである。
当然担当者に信頼がなければ入塾はありえない。担当した先生が良かったから入塾が決まるのである。
しかしここでもまだ絶対の信頼とは言えない。入ってから信頼を築き上げて盤石にしていくものなのだ。
残念ながら学校や塾の先生で不祥事を起こす人がいる。一度でもそんなことがあれば即信頼は崩れる。
一度失った信頼はもう元の位置には戻らないのである。
ここでこの話題を取り上げたのは、我々講師陣に対する戒めであるが、逆もある。
私たち講師だって人間であるから、一人の生徒を全面信頼できる場合とそうでないときとがある。
例えば、宿題をしていない、これをするよう指示を出しているのにしていない、などで信頼が下がってしまう場合がある。
そのようなことがないように気をつけてほしいと思う。
先生と生徒の信頼は成績アップの必要条件である。
最後までお読みくださりありがとうございます。
このブログでは、コメントを受け付けております。右にある「コメント」をクリックして書き込んでください。
(I)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

戻る

ページのトップへ
© 関学ゼミナール All Rights Reserved.