ブログ

2017.11.20

[118]自分のことはしっかり把握しよう

早いところでは今日から期末テストであるが、ここでは勉強と関係の薄い話である。テストが近いからと言ってブログまでテスト漬けにする必要はないと思うのでご容赦くださいませ。
「自分の顔は私にとって、もっとも遠い闇である」

これは先日、 ふと新聞で見た言葉である。自分の顔を自分で直接見ることができないので、ということからきているそうだ。考えてみれば自分の顔は鏡などがなければ見ることができない。
このことから感じたのは、自分という人間は意外と自分で把握できていないのではないかということであった。
自分のことは自分が一番よくわかっているはずである。自分のことはしっかり自分で理解しよう。
「なぜあそこであのような発言・行動があったか分からない」などということのないように気をつけよう。
また、「自分にウソはつくことはできない」。ごまかそうとせず、自分が納得できる自分になるようにしよう。
[115]サウダージで、Porno Graffittiの歌がある、と申したが、ヴォーカル・岡野昭仁さんの歌声が心に響く。あっ、ここで言いたいこととずれたのでやり直し。
[115]サウダージで、Porno Graffittiの歌がある、と申したが、歌の初め「私は私とはぐれるわけにはいかないから」も取り上げたい。死ぬまで付き合わないといけないことが必ず保証されているのは自分である。その自分を理解できないようでは辛いだろう。

最後までお読みくださりありがとうございます。
このブログでは、コメントを受け付けております。右にある「コメント」をクリックして書き込んでください。
(I)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

戻る

ページのトップへ
© 関学ゼミナール All Rights Reserved.