ブログ

2017.11.15

[117]信頼は一瞬で崩れることがある

残念なニュースが飛び込んできた。横綱・日馬(はるま)富士関が暴行事件を起こしていたという事実が発覚したことだ。
これまで日馬富士関と言えば小兵で頑張ってきた横綱というイメージであったが、これで間違いなく印象は悪くなるだろう。
私も大きくイメージが変わってしまった。

しかしこれは、日馬富士関だけの話ではない。私たちも気をつけるべきことだ。「暴行しないように」気をつけるのではなく(そんなの当たり前、気をつけないと暴行するようだと問題あり過ぎ)、信頼関係はタイトルのとおり一瞬で崩れることがある、ということだ。これについては[95]信頼でも述べたことである。残念なことに実例が出てしまった。

信頼関係はゆっくり時間をかけてでないと築くことができない。その小石を積み上げるような努力を無にしないよう、お互い気をつけよう。

最後までお読みくださりありがとうございます。
このブログでは、コメントを受け付けております。右にある「コメント」をクリックして書き込んでください。
(I)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

戻る

ページのトップへ
© 関学ゼミナール All Rights Reserved.