ブログ

2017.12.15

[124]期末テストを終えて

昨日をもって関ゼミ生全員の期末テストが終了。まずは「お疲れ様でした」。
今回の期末は私にとっては長かった。方々で話しているから聞いたことあるかもしれないが、私の場合期末1週間前~テスト最終日を「テスト期間」ととると、これが1か月あったことになる。最も早い人の期末1週間前は11月13日。前述のとおり最後の人たちのテスト終了は昨日。バラバラなのは仕方ないが⋯。
さて今回の感想を一言でまとめると、「疲れた」。
生徒たちは勉強してくれるので、それにお応えすべく、本来設定のないところ(=授業時間外)でも対応したが、今回はその対応が、(11月13日~12月14日の期間の)後ろに行くにつれて増えてきたという特徴がある。日曜のテスト対策(12月3日)では12時終了のところ最大1時半まで対応したり、昼間のテスト対策(12月7日)では6時終了のところ最大9時まで対応したり、全部の授業終了後11時過ぎまで対応したりもした。
今、「11時過ぎまで対応した」と書いたが、正直好ましくないと思う。夜遅いのは治安の問題で避けるべきところ。また、次の日の午前中に睡魔が襲うこともあるだろうから、(テスト期間中は)なるべく昼間に質問してほしい。
また、[110]中間テストを終えてで書いたことの懸念材料が解消されていないことも判明。
①分からないことをテスト直前(本当に直前)まで放置している人がいると感じた。
②「どこを教えてほしい?」、生徒:「全部」。勉強していない証拠である。
この2つはいずれも、[110]中間テストを終えてからの抜粋である。残念ながら今回も①②両方が発生してしまった。
「期末テスト前は1人でも多くの生徒に指導できるよう、1問でも多く不明なる点が解決できるよう、少しでも皆さんが満足できる度合いが増えるよう、していきたい。お互い工夫・努力していこう」
これも[110]中間テストを終えてで書いたことだ。中間テストのときよりは多くの人に対応できたと思うが、理由は単純にテスト期間が中間のときよりばらけていたから。それだけである。
今回一番言いたいことはここから。

「質問する前に自分で勉強するようにしてほしい」

ゼロから全部を聞こうとする人がいた(上の②にあたる人)。が、これは時間の大幅なロス。ある程度知識をつけ、自分で演習問題を解き、その上で質問に来るようにお願いしたい。私は時間が多く取れないからどうすれば効率よく指導できるか考えなければいけないのに、本来自分ですべきことまで丸投げ的に私のところへ来られてしまうと対応に限界が来てしまう。

「失敗はやむを得ない、ダメなのは同じ失敗を繰り返すことだ」

学年末テストではこのような失敗が消えることを期待する。なお学年末は一番早い人は2月8日が初日、一番遅い人は3月10日が最終日である(12月15日現在で判明している日程をもとに記載しているが、おそらく不明分もその範囲でおさまるだろう)。自分のテスト日程を把握して早めに対応しよう。

最後までお読みくださりありがとうございます。
このブログでは、コメントを受け付けております。右にある「コメント」をクリックして書き込んでください。
(I)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

戻る

© 関学ゼミナール All Rights Reserved.