ブログ

2018.01.07

[127]人の存在はありがたい

いよいよ次の土日がセンター試験・中学入試である。この受験を控えている皆さんは毎日が厳しい状況であろう。
が、ここでは違う話を。受験とはまったく関係ない話ではあるが。

冬期講習も終わりを迎えるこのとき、事件発生(大袈裟な表現)。
個人が特定できないよう、事件の内容は明らかにしないが、夜に電話がかかってきて問題が発生しているとのこと。関ゼミへ電話をしてきているというだけで相当困っていることがうかがえる厳しい内容。私も対応しようとしたが、すぐに八方塞がりとなり、ダメ元で理事長に相談。夜の遅い時間だが、理事長が解決してくれそうな人を考えて何人かに電話をしてくれた。しかし、ぴったりの状況はなかった。
結果的にこの問題は解決をみたのでよかったが、お役に立てなかったことが悔しかった。

私のことはさておき、ここでピックアップしたいのは上の文章のここ。

「理事長が解決してくれそうな人を考えて何人かに電話をしてくれた」

突然の電話でご迷惑をおかけしたことをお詫びする。しかし、夜の突然の電話にもかかわらず、どの人も非常に好意的な対応をしてくれた。本当に困っているときに親切な対応をしていただいたことは身に染みて有難いものだ。

お電話があった皆さん、本当にありがとうございました。深謝申し上げます。

最後になったが、対応をしていただいた理事長、ご迷惑をおかけして申し訳ありませんでした。

最後までお読みくださりありがとうございます。
このブログでは、コメントを受け付けております。右にある「コメント」をクリックして書き込んでください。
(I)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

戻る

ページのトップへ
© 関学ゼミナール All Rights Reserved.