ブログ

2018.02.02

[133]不思議なチカラ

私の授業で、「授業中にこうやって説明しよう」と思って用意した内容がある。ところが、いざ、その授業に入ると、用意した内容と違うもので説明しているケースがある。しかも、自分でも「そんなにペラペラ説明できるのか」と思ったこともある。
これは言葉では説明しにくいが、時として不思議なくらい、いろいろ説明できることがある。
自分にこんなチカラがあるとは⋯。
まさに自分でも気づいていない部分であった。
これは私に限ったことではないと思いたい。
入試で「厳しい判定」の人が合格するのはきっとこの「不思議なチカラ」が発揮されたときであろう。それは偶然ではなく、日ごろの積み重ねたものが融合されてできたものだと思っている。

これから入試の人へ
時に不思議なチカラが出てくることがある。最後の1秒まで諦めないでほしい。

最後までお読みくださりありがとうございます。
このブログでは、コメントを受け付けております。右にある「コメント」をクリックして書き込んでください。
(I)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

戻る

© 関学ゼミナール All Rights Reserved.