ブログ

2018.05.25

[156]結論は最初に書こう

自分の言いたいことは最初に書いて(言って)、相手に自分の言いたいことを告げる。
これは非常に大切なことである。次のような例文を読んでどう感じるだろうか。(注)本来の文章の一部を加工してあります

~ ココから ~

今日は
  ◆これは受験で絶対に必要なこと◆
をお教えします。
はっきりいって簡単です。
簡単なのにやっていない人が多いです。
できる人は必ずしもやっているわけではなく「できる」人は【ほぼ確実に】していることです。
そして、今日お話しすることはできるためには必須となります。
今までのお話が重要度★★★☆☆とするならば
もちろん今までした話も超重要事項だったわけですが、今日お話するものの重要度は確実に
重要度★★★★★ のものとなります。

■ これをやってしまえば確実に勉強ができる、その方法とは? ■

勉強ができるためのテクニックは色々あります。

でも、しっかりと実力をつけるためには絶対に欠かせない、絶対にしなければならないことがあるんです。

これは重要度★★★★★ です。

それが今日お話しすることです。

だから、意識して下さい。
必ず実行できるようにして下さい。

そして、これが
【できる人になれる方法】であり

【賢いと言われる人】の核です。

ここまでくどくどと「重要だ、重要だ」と言っている訳なんですがなんでここまでくどくどと言うのかというと

それが何かを伝えた時に

「へ~」

「ふ~ん」

「あ~そういうことね」

そういう風に流されてしまいそうな気がしてならないからです。

「勉強できる人」がやってそうな派手なイメージのものとは違うまったくもってじみ~なものなんです。

これが「勉強できる秘訣なんですよ」と言われても
別のことに重点を置いてしまいそうな気がするんです。

もちろん、ほかにも重要なことはいっぱいありますが、今日お伝えすることに比べたらその重要度は比になりません。

■ 私の過去のお話です ■

⋯ダラダラダラダラダラダラダラダラ⋯

~ ココまで ~

もういいって!「これは受験で絶対に必要なこと」って何なんだよ(怒)!?と思ったアナタ。ごめんなさい。これは例なので答えはナイのです。
「いやいや、散々じらしておいてなんだ(スーパー怒)!」
そこで私の言いたいことが登場。1行目にある。

「自分の言いたいことは最初に書いて(言って)、相手に自分の言いたいことを告げる。」

質問をされたときも、「それに対する答え」「理由」の順で答えよう。

一応初めに「例文」と断っておいたが、内容がマズかったか。

ちなみにこの例文はあるメルマガであるが、カテゴリーが学習と違うため文章の一部を加工している。正直読んでいてイラッとした。引っ張りすぎである。途中流し読みしてしまった。

やはり「結論は最初に書こう」。

最後までお読みくださりありがとうございます。
関学ゼミナールブログでは、コメントを受け付けております(一部除く)。右にある「コメント」をクリックして書き込んでください。
(I)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

戻る

ページのトップへ
© 関学ゼミナール All Rights Reserved.