ブログ

2018.04.11

[150]反面教師

人が集まると必ずいる「自分のことしか考えない人」。私の周りにもこういう人がいるので常に気分の悪い思いをさせられる。
えっ?誰かって?それは黙っておこう。
えっ?アンタだろだって?すみません、気をつけます。

ここでは気分の悪い思いばかりをせずに、「自分のことしか考えない人」はこういう言動が多いと思う、私なりの意見をまとめてみることにより、これを避けないと「自分のことしか考えない人」になってしまうよ、という警告をしてみたいと思う。もしかしたら「いるいる、そういう人」という共感を持ってもらえるかも。

1.そう思わない?
「あの人って自分勝手よね、そう思わない?」のような感じ。
正直、ノーと言えない。

2.何人かで電車に乗り、席に座るとき。集団の一番前にいる人が一番手前(端)に座る。
気が遣える人は後の人のことを考えて一番奥に座る。

3.共用スリッパを脱ぐとき、自分の進んできた方向のまま脱ぐ。
気が遣える人は向きを変えて次に使う人がすんなりできるようにする。

まあ細かいことをタラタラと⋯とお感じの人もいらっしゃるだろう。それは正しい意見かもしれない。しかし、ちょっとした気遣いをさりげなくできる人は本当に素晴らしい。逆に一番厄介なのは、自己中の人がこの文章を読んでも気づかないことである。私を含めて他人への気遣いができる人になりたいものだ。

それにしても自分勝手な振る舞いによって気分の悪い思いをさせる人って必ずいると思う。「そう思わない?」 あっ、しまった。

最後までお読みくださりありがとうございます。
このブログでは、コメントを受け付けております。右にある「コメント」をクリックして書き込んでください。
(I)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

戻る

ページのトップへ
© 関学ゼミナール All Rights Reserved.