ブログ

2018.03.31

[147]大丈夫の使い方が大丈夫でないことがある

ラジオで耳にした話である。

『「No thank you.」と言いたいときに「大丈夫です」という人が増えているが、これが耳に引っかかる。』

鈍感だった。私はあまり気にしていなかった。そこで、「大丈夫」の意味を調べてみると大丈夫に「No thank you.」の意味はなかった。
言葉は時代とともに変わるモノであるから、もしかすると市民権を得るかもしれないが、少なくとも今のところはこの意味で使わない方が無難と考えた方がよさそう。

それよりこれを調べていてもっと気になることがあった。
それは「大丈夫」に敬語の意味が含まれていない、ということである。
したがって目上の人に「No thank you.」と言うために「大丈夫です」というのは避けた方がよさそう。

皆さんの言葉遣いは「大丈夫ですか」あっ、使ってしまった。

最後までお読みくださりありがとうございます。
このブログでは、コメントを受け付けております。右にある「コメント」をクリックして書き込んでください。
(I)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

戻る

ページのトップへ
© 関学ゼミナール All Rights Reserved.