ブログ

2018.07.23

[168]人の気遣いが無になるとき

今日から夏期講習が実施される。夏期講習中「毎日自習に来る宣言」をしている人もいらっしゃるので厳しいことが予想できる(もうすでに先週から実行されている)。愚直に付き合うので大変そうだが、なんとか乗り切りたいと思う。

早速に話がそれてしまった。ここからが本題。

私がある会社(関ゼミではナイ)に勤めていたときのこと。

私がある先生(ここではA先生とする)に用事があり、会社の電話から携帯にかけたが、A先生は電話に出なかった。その後、A先生から折り返しの電話が会社にあった。違う人(B先生とする)が電話を取り「A先生に電話をした人はいる?」と聞かれ、「私です」と答える。ここで私が「1分後にかけ直すと言ってください」と告げた。これは、1分間私が電話に出られないからではなく、コチラの用事で電話をかけているのだから、A先生に電話代を払わせるのは申し訳ないと考えたからである。

ところが、このB先生がとったこの後の行動に驚き呆れた。

B先生「では電話に出るまでの1分間雑談しよう」

それを聞いて私がすぐ電話を取り次いだのは言うまでもない。

これは正直、呆れるとかそういうレベルではナイ。私の気遣いを踏みにじられたのもあるが、今時会社の電話回線を塞いで雑談?A先生は忙しい中電話をかけてきているのに迷惑では?とか考えなければいけないと思う。

これと同じく気遣いを何だと思っているのかという事例が出てきてしまった。[166]期末テストを終えてのコメントにあるとおりである。情報を出す側が虚しくなっているのにもらっている側があまりありがたみを感じていないような気がする(そう思うのは私だけかもしれないが)。しかも私はいつも申していることだが、結果がすべてである、と考えている。情報をもらったからには、結果を出さなければいけないということだ。情報をもらっただけで満足しているようではダメだ。私からのコメントにも書いたとおり、新ルールを考えている。これを適用すればウインウインの関係を作れるだろう。いや多分、情報の行き来がなくなるだろう。新ルールはあのクラス限定で適用するつもりだ。

最後までお読みくださりありがとうございます。
関学ゼミナールブログでは、コメントを受け付けております(一部除く)。右にある「コメント」をクリックして書き込んでください。
(I)

“[168]人の気遣いが無になるとき” への2件のフィードバック

  1. 匿名 より:

    新ルール、楽しみにしてます!

  2. 講師I より:

    >匿名さま
    コメントありがとうございます。
    このルールがきちんと適用されるかどうか怪しいです⋯

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

戻る

ページのトップへ
© 関学ゼミナール All Rights Reserved.