ブログ

2018.08.18

[175]ものさしの動きが固い

今回のテーマに使った「ものさし」。これは定規のことではなく、「自分の善悪や常識を判断する」ものとして使った。

これが「固い」というのはいつまでも古いことに捉われ過ぎて、新しい状況についていけない状況をあらわしている。

こんなことを言っている人(関ゼミの人ではナイ)がいた。

ニュース「終業式を暑い体育館ではなく、冷房の効いた教室で実施した」に対して「厚かましい、わしらが子供の頃は教室に冷房などなかった」。

まあ、情けない話だ。今日日エアコンを使うなど普通。特に今年の暑さは半端ない。臨機応変に対応すべきだというのは言うまでもない。

皆さんもひとつのことに捉われ過ぎないよう気をつけよう。

最後までお読みくださりありがとうございます。
関学ゼミナールブログでは、コメントを受け付けております(一部除く)。右にある「コメント」をクリックして書き込んでください。
(I)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

戻る

ページのトップへ
© 関学ゼミナール All Rights Reserved.