ブログ

2018.08.28

[179]絶対?

前回に続き、言葉遣いの話である。

『よく「絶対」を口にする人』がいる。この「絶対」は何の自信があって言うのだろう。数学の問題のような正解がはっきりしている場合は別として、正解はあっても必ずそうでなければいけないということはナイ、とかの場合、「絶対」を口にすると不快に思う場合がある。

例えば、『あいつは「絶対」宿題を忘れてくる』。実際その人が宿題を忘れるかどうかで一応正解はあるが、その正解に大きな意味はナイ。このようなとき、外れた場合、たいていその人はだんまりを決め込む。今の「絶対」についてどう思うか聞きたい。

明らかに分かりきっている場合は別として、そうでないのに「絶対」を多用するのは絶対によくない。あ、失礼しました。

最後までお読みくださりありがとうございます。
関学ゼミナールブログでは、コメントを受け付けております(一部除く)。右にある「コメント」をクリックして書き込んでください。
(I)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

戻る

ページのトップへ
© 関学ゼミナール All Rights Reserved.