ブログ

2018.10.19

[197]将来何をしたいか分からない

昨日は休みをとり、懸案事項の解消に取り掛かった。明日が次のXデーということでひとまず安心。

ん?何が懸案事項?そこはコメントなし。では本題。

「勉強をするから、何をしたいかわかるようになる。勉強をしないから、何をしたいかわからない」

何かの折に目にした言葉である。

「なぜこんなことを勉強しなければいけないのか」と思ったことはあるかもしれない。それについては拙者ブログ[40]基礎作りの途中である[41]将来は約束されていないで紹介した。

将来、自分が何をしたいか決まっていない人(多分多いと思う)への話となるが、[41]将来は約束されていないでも触れているように、私は22年塾講師の仕事を本業としているが、小中学生のころは塾講師になりたい、と思ったことはナイ。私も会社を辞めてから(そのころの話については[176]過去の思い出は美化される傾向にあるで触れている)、自分が何をしたいか分からなかった時期もあった。恩師に相談して塾講師で行こうと決めたいきさつがある。

いろいろ勉強しているうちに「これがしたい」というモノが見つかることもあるから、そのための下積みはしっかりとしておこう。

最後までお読みくださりありがとうございます。
関学ゼミナールブログでは、コメントを受け付けております(一部除く)。右にある「コメント」をクリックして書き込んでください。
※ほかのブログをお読みになる場合はこちら
(I)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

戻る

ページのトップへ
© 関学ゼミナール All Rights Reserved.