ブログ

2018.10.12

[191]形見の品

皆さんは身近な人を亡くしてしまった、ということはあるだろうか?

大人の方がお読みであればそういうつらい経験があるだろう。生徒の皆さんの中にはまだそういうことがナイかもしれない。こういう辛い経験は避けたいと感じている。

残念ながら亡くなった人は帰ってきてくれない。かくいう私も今年だけで親戚を3人亡くしているので、もう訃報はいりません、といった感じだ。

亡くなった人は帰ってきてくれないが、往時を偲ぶために遺しているものを使うというのもアリかと思う。今年2月に亡くした叔父のジャケットを頂き、着用している。7年前に亡くした従姉妹の旦那の背広も着用している。こうすることで、その人は亡くなっても、私の心の中で生き続けることになるだろう。

最後までお読みくださりありがとうございます。
関学ゼミナールブログでは、コメントを受け付けております(一部除く)。右にある「コメント」をクリックして書き込んでください。
※ほかのブログをお読みになる場合はこちら
(I)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

戻る

ページのトップへ
© 関学ゼミナール All Rights Reserved.