ブログ

2018.10.17

[196]入院生活

今回は私が入院していたときの話である。今入院している人に読んでもらおうと思うが、参考にならない話ではナイかと(参考にならないのかい!ツッコミ)。

その前に一般論だが、入院生活は単調になりがち。よく聞く「楽しみは食事くらい」とか言われるが、まさにそのとおり。食事くらいしか変化がナイので、それを楽しみにするだけでほかに何もないくらい時間が余っている。ただ、今入院していて暇暇暇という状態でも明日あたりサプライズがあったりするかも。

私が入院したのは1度だけで日数は82日間。最初の3日間は地獄のような状況。[186]健康に気をつけようでも触れているが、死が目前まで迫っている状況。転院を1日で2度おこなった。最初入った病院では手に負えず、1泊2日で救命救急センターへ。そこで原因が判明したが、治療する科がその病院になく、その日のうちに2度目の転院となる。3つ目の病院で居場所が確定したが、準集中治療室(HCU)に入れられ、点滴は24時間。あとで聞いた話だとその時飲んでいたプレドニンという薬があったが、1日の点滴量はその薬100個分とか。そんなに飲んだら胃が壊れる。

入院4日目にHCUから総室に移ったが、これ以降は経過観察なので、大きく苦にはならなかった。私の場合は体重が10kgくらい少なくなり、特に太ももがやせているのが自分でも分かるぐらいになった。

余談だが、この時の1ヶ月目の治療点数は20万点。3割負担だと治療費だけで60万円という計算になる(実際は家族が高額療養費制度の手続きをしてくれたのでそんなにもかかっていない)。

私の場合は塾講師なので立ち仕事が多く、できるだけ早く仕事に戻れるように病院の中を歩き回っていた。階段をB3階から8階まで歩いて登るなど、病人とは思えない行動もあった。基本的にすることがナイので違う意味で大変。まあそんなことが言えるくらい体が楽になった証拠でもあるが。

だらだらと何を書いてるのか自分でも分からなくなってきたが、入院生活は貴重な経験にはなったと思っている。

今入院生活を送っているアナタは体力だけはある程度戻して帰らないと帰ってからが大変だから、しっかりリハビリをしよう。

私の場合、しっかりリハビリをしたので3ヶ月弱入院していたにもかかわらず、退院後1週間で仕事に復帰し、その3週間後には授業にも復帰できた。リハビリは大切である。

最後までお読みくださりありがとうございます。
関学ゼミナールブログでは、コメントを受け付けております(一部除く)。右にある「コメント」をクリックして書き込んでください。
※ほかのブログをお読みになる場合はこちら
(I)

“[196]入院生活” への2件のフィードバック

  1. 匿名 より:

    毎日2回リハビリがあります。が、車椅子生活なのであまり移動が出来ません…
    やっと、今日から松葉杖を使ったリハビリが始まります。
    私は今のところ体重が2㎏落ちました。

  2. あかなみ より:

    >匿名さま
    コメントありがとうございます。
    ブログ本文にも書きましたが、リハビリはきっちりしておいた方が良いかと思います。退院してからが大きく違いますからね。
    大変だとは思いますが、もうひと踏ん張りしてください。
    あなたにお会いできることを楽しみにしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

戻る

ページのトップへ
© 関学ゼミナール All Rights Reserved.