ブログ

2018.10.20

[198]年齢相当の行動を

今日、あの人のあれが達成されたので、当ブログの更新はペースダウンすることになるだろう。

とはいっても今回の分をこれで終わるとさすがに中身が全くナイので、感じることを書いてみよう。

今回のテーマは「年齢相当の行動を」。これは最近頓に感じるようになったことだが塾内でも年齢の割に幼い印象を受ける人がいる。

自分が高校生・中学生のときこんなに幼い行動があったかな?回顧してみる。まあ、多少行動が幼くても問題はないかとは思う。ただ特に「うるさくて」他人に迷惑をかけている人が見られる。それはさすがに看過できない。当該生徒は反省してほしい。

忘れものの多さも気になる。中学生・高校生にもなってそんなに忘れ物が多いものかと感じる。持ってくるのを忘れることもあれば、塾に忘れて帰ることもある。毎週指摘している人がある。気をつけること。

これが一番問題と思うことだが、「自分の予定を把握していない人がいる」。

例えば、関ゼミで時間割変更があり(私が)くどくどと言っているにも関わらず間違える、学校のテスト日程を書き写していない、など。

「ノートをとっていないor雑なノートの取り方をしている」ため友達のノートorテストのためにまとめたモノを借りている人がいる。自分でまとめるべきだ。

まだまだ私を悩ませる行動が多くどうしたらいいか路頭に迷う。

最後までお読みくださりありがとうございます。
関学ゼミナールブログでは、コメントを受け付けております(一部除く)。右にある「コメント」をクリックして書き込んでください。
※ほかのブログをお読みになる場合はこちら
(I)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

戻る

ページのトップへ
© 関学ゼミナール All Rights Reserved.