ブログ

2018.12.07

[212]伏せてはいけない

今回はお叱りを受ける内容かもしれないが、私としては間違っているところなどひとつもないと思っているから書くことにする。

それは「お金」の話と「性行為」の話。

まず「お金」に関して。

商売人だとすぐ「あの話はどのくら儲かるのだろう」とか、災害で壊れたものを見て「修理にカネがかかるだろう」とか、すぐお金の話になる人がいる。

ただ、やたらとするのが良くないのであって、お金の話自体が悪いわけではナイ。お金の話でイメージが悪くなるのは「人の財布」のことをやたらとするからだ。

自分のお金に関してはもっと意識を深く持ってほしい。

また、自分のお金と違うところにはお金に対する価値観が悪くなる。例えば、無駄遣いが多いとか。

国や地方公共団体の借金が多いのもそこだ。自分の家ならどうするかという視点で考えるべきだろう。収入を増やすことも大事だが、支出を減らすことも考えるべき。こういうことはしがらみのある人にはできない。たかのしんさんに登場してもらおう。なお、たかのしんさんについては拙者ブログ[203]市政に挑戦もご覧ください。

もうひとつのテーマ「性行為」に関して。

性行為が悪いことだという誤解をしている人がいるようだ。これは学校などの指導がマズいことを表している。

「性行為」自体が悪いのではなく、状況に問題があることが多い。

具体的には、「強姦のように一方的におこなう」。これは論外。両者の合意の上でないといけない。ところが、勝手に「相手は合意した」などと解釈するケースもある。自分の都合の良い解釈をしないようにするべきだ。
さらに、「責任を持つ」ことだ。特に女子は避妊に失敗すると必ず厳しい責任を負うことになることを充分認識しておかなければいけない。男子も道義的責任があるのは言うまでもないが、「逃げ得」のような勘違いをしているマヌケもいる。

そういう人に性行為をする資格はナイ。

お金や性行為の話をすること自体がタブー視されているが、正しい知識をきちんと身につけることのほうが大事。

こんな駄文でも、誤解が少しでもどければありがたい。

最後までお読みくださりありがとうございます。
関学ゼミナールブログでは、コメントを受け付けております(一部除く)。右にある「コメント」をクリックして書き込んでください。
※ほかのブログをお読みになる場合はこちら

コメントを残す

戻る

ページのトップへ
© 関学ゼミナール All Rights Reserved.