ブログ

2019.06.03

[240]引退

まさに個人的な話ではあるが、私はラジオを聴いている。月~木はHIRO T’S AMUSIC MORNINGという番組である。しかし、この番組が9月30日で終了となることが発表された。と同時にこの番組のディスクジョッキーを務めるヒロ寺平さんのDJ引退も発表された。

時代の流れとはいえ、私にとってこれは非常にショックな出来事である。

私とラジオの出会いは平成8年の会社員時代に遡る。新卒会社員の私は(仕事で)車であちこち動くとき、その車でラジオが流れていたのが本格的な聞き始めであった。その後夏に会社を辞め、秋に学習塾講師に就職した。その塾は次回のブログで少し触れてみようと思うが、ここでは関係ない話なので割愛。塾の仕事なので、午前中は比較的時間に余裕があるので、家でラジオを聴いている。余談だが、このブログもHIRO T’S AMUSIC MORNINGを聞きながら書いている。

ヒロさんが本格的に朝の番組を担当するようになったのは平成9年秋。それまではジーン長尾さんが勤めていたが、ジーン長尾さんがDJを引退することになり、後任がヒロさんになった(←本題と関係ないが、懐かしかったので書いてみた)。

私が塾講師として働き始めて早23年弱となったが、朝はずっとヒロさんと一緒に歩んできたと言っても過言ではナイ。そのヒロさんの声が聴けなくなるのは寂しい限りである。

一方で私は塾の講師として23年弱歩んできたが、当然、私にだって引退のときが来るはず。長く続けたくても、病などで途切れる可能性もある。私は死に至る可能性が人の100倍以上あるので、いつ引退となるか分からない。もしかすると今日かもしれない(は大袈裟か)。なので、やり残したことがナイようにしておきたいと思っているが、思いと裏腹に仕上がっていない事象のなんと多いこと。

いろいろ考えさせられる朝になってしまった。

オチのない話になってしまったが、これで終了。

ここまでお読みくださりありがとうございます。

最後にヒロさんへ、30年間のDJ生活、お疲れ様でした、ありがとうございました、と申し上げて、本ブログを終える(注:ヒロさんのDJ生活はまだ終わっていないけれども)。
(I)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

戻る

ページのトップへ
© 関学ゼミナール All Rights Reserved.