ブログ

2019.07.18

[246]質問する

「分からないことがあればドンドン質問しよう」

これは私が常々申していることであるが、今回の内容はこれに逆行する可能性を持っているので、投稿するか悩むところ。しかし、やはり私の率直な感想であるから、知ってほしいと思い投稿することにした。

質問するときに少し考えてほしいことがある。

それはこちら(私)の状況を少し見てほしい、ということだ。

実際にあった話を2つ。

↓ココから↓

・授業中コピーを取るため私が事務所へ走る。私が事務所に入るやいなや「教えてください」。

・私が授業をしているとノックをする音が。戸を開けると「教えてください」。

↑ココまで↑

一目見たくらいで私の状況など分からないかもしれない。しかし今これをお読みになっている皆さまは、状況を説明したので、少なくとも私がこれらの場面で長々とその生徒に教えられるハズがないことはお分かりになれるだろう。私の状況などまるで考えてくれていない様子がうかがえる。そういう人がいらっしゃると授業を終えて事務所へ帰るのに気が重くなる(実際にそう思ったことがある)。

その一方で、こういう発言も実際にあった。

・「いつ質問できますか?」

・「先生のヒマな時間(=授業の合間)は?」

これが理想的だと言える。どちらも私の忙しい時間(=授業)を避けて教えてもらおうという意思の表れだ。こういう人がいらっしゃると授業を終えたら急いで事務所へ戻り対応しようという気持ちになる(これも実際にそう思ったことがある)。

私が休憩している時なら遠慮しないで質問してもらっても構わない(休憩中に申し訳ないとかいうMUDAな発想は絶対あってはいけない)。事務作業も余程の急ぎでない限りあとまわしにして対応する用意はある。しかし、ある意味当然の話だが、私は今目の前で進んでいる授業を中断してまで教えるようなことはしないようにと思っている。もう少し私の状況を確認するようにお願いしたい。せめて「今質問いいですか」というくらいの言葉がほしい。

ただ、私だからこの程度で済んでいるが、先生によっては怒るケースもあるだろう。怒られたら最後、永久に質問できなくなってしまう。

質問を対応する先生がそっぽを向いてしまわないように考えよう。ゴマをするようなことがあってはいけないが、お互いに気持ちよくできるようにしよう。

最後までお読みくださりありがとうございます。
(I)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

戻る

ページのトップへ
© 関学ゼミナール All Rights Reserved.