ブログ

2019.08.03

[249]時間がナイと思う人へ

夏休みは忙しくて時間がナイと感じている人もいらっしゃるだろう。

しかし、時間がナイと言っている人には本当に時間が取れず大変だと思う人がいらっしゃる反面、そうでない人もいらっしゃる。関ゼミで自習している状況を拝見するとだいたいどちらにあたるかが分かる。今回は後者にあたる人について考察しよう。

勉強する時間が本当に「ナイ」のであれば、多少睡眠を削る(削り過ぎはNG)、スマホ等を使う時間を減らすorなくす、を実行すればいいのにと思うが、こういう人はそういう時間を削らずに時間がナイと言っているように思う。

またダラダラ勉強しているのも拝見する。それは席を外すときに何をしているか見ればだいたい見当がつく。何かを取りに行くとかトイレに行くとかではなく、事務所をウロウロしているだけなど集中していないという疑惑を持つケースが見受けられる。

時間は万人に平等に与えられるある意味「唯一」のモノと言えよう。ほかの人ができているのだから、使い方次第で時間を捻出することはできるのではナイだろうか。期末対策で忙しかった私も頑張って指導時間を捻出した。例えば、質問はこの時間に承りますという予告をした、などである。今も夏期講習で時間の余裕がナイ。しかしそれを言い訳にしないよう気をつけたいと思う。

私にできたことだから皆さんもできるハズだ。

最後までお読みくださりありがとうございます。
(I)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

戻る

ページのトップへ
© 関学ゼミナール All Rights Reserved.