ブログ

2019.08.31

[252]経験者にしか分からない

あなたは「勉強しなさい」とか言われたことはあるだろうか。

言われたことがある人に共通して言えることだと思うが、基本「勉強しなさい」と言われて「はい、勉強します」という返事をする人は殆どいないであろう。その理由はいろいろ考えられるが、恐らく一番の理由は「言われてイラっとした」ではナイだろうか。

しかし、勉強しなければどうかるかを考えたうえで敢えてこの場面では勉強しないを選択した、などということはまずナイだろう。先のことをきちんと考えていればいつ勉強すべきか見えてくる。

「勉強しなさい」は勉強しないと、どうなるかが経験上分かっているから発せられる言葉である。しかし、言われる側は経験していないのでこういう温度差が生じる。

個人的なことであるが、大病を患った私。詳しくは[196]入院生活で書いたのでお読みください。そのブログでは触れていないが、HCUに入っているときは40℃超の高熱にうなされ、生きることを諦めたこともあった。この時の苦痛は失礼ながら私がいくら申しても分かってはもらえないだろう。

これ以外にも残念ながら私が一人で抱え込まねばならないことは多く存在している。このブログをお読みのアナタもそういうことはあるかもしれない。

「勉強しなさい」と言われるような人は一度(悪い意味で)とんでもない成績を取った方がいいと思っている(致命的な成績は困るが)。そうすれば勉強しなければイケナイことが自覚できるだろう。勉強することがいかに大事かを身をもって経験した方がよさそうだ。私の「生きることを諦めた」のように、経験者にしか分からないことは多くあるから。

ここまでお読みくださりありがとうございます。

[追伸]夏期講習は今日が最終日だが、非常に疲れた。しかし、間髪入れずに2学期の授業が始まる。私を待っている人のためにも頑張っていこうと思うが⋯(ホンネは少し間がほしい)。

(I)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

戻る

ページのトップへ
© 関学ゼミナール All Rights Reserved.