ブログ

2016.11.10

[37]苦労が財産になる

私はこれまでに小学生には算数・国語・理科・社会、中学生には国語・数学・英語・理科・社会を指導したことがある(関ゼミでは小学生科の社会を指導したことはないが、関ゼミに来る前にクラス授業で教えたことがある)。
これについてある生徒からの質問「なぜ全教科教えられるのか?」。
(ただ、今の私には高校の文系教科は担当できない。さすがに勘弁願いたい。高校英語とか教えられるようになればいいのだが、関ゼミには優秀な英語の先生が多いから、私の出番はなくてすみそうだ。)
最初から全教科教えられたわけではない。もともと理系なので数学や理科は教えることはできると思っていた。ところが最初に勤めた塾で「小学生の国語を担当してください」と言われてしまった。
「アノ、理系出身なんですけど」とは思ったが、結局担当することになり、どうすればいいかをいろいろ考えた。教科書準拠のテキストに要点が書かれていないから念入りな予習が必要だ。
つづいて何年か経ち、人がいないので私が社会を教えなければいけなくなり、これまたどうすればいいかを考えた。
国語と違い要点はテキストに書いてあるが、どれが大切な(覚えなければいけない)言葉なのか、その言葉がどういう意味なのか、自分の言葉で説明する必要がある。
説明時に私がテキストを丸読みするのは、2通りある。
①ひとつは自分が説明した後に「ここに書いてあることは今私が説明した内容だ」ということを言いたい場合。
②もうひとつは「これは覚えなくてもいい」場合。
ただテキストを読む授業にはしたくないと思っている。それを読むだけなら授業はいらない。自習すればよいのだから。
このように必要に迫られてではあるが、結果としてこうしたことが今の小中学生なら全教科担当できる私につながったということだ。
「若いときの苦労は買ってでもせよ」とか言った人があるそうだが、本当に苦労した(上に書いているエピソードではない)私から言わせると苦労などタダでもいらない。
しかし上の私のように学力は自分にとってプラスになるときが来る。そのときのために今しっかりと学力を蓄えよう。
P.S.前回のブログで「書く内容を忘れた」としたが、結局記憶に甦らずお蔵入りとなりそうだ。
最後までお読みくださりありがとうございます。
(I)

2016.11.01

関ゼミ通信 平成28年11月号

関ゼミ通信11月号

もうすぐ世界の国々や人々に多大な影響を与えるアメリカ大統領選挙が終焉する。どちらになっても今後世界中が内向き志向、エゴ丸出しの時代に突入していくのは必至の予感。

戦後作られた「教育基本法」を読む中で、最近『国家』とは何かとも改めてよく考える。国民を国家に奉仕させようとした戦前の教育への反省から、国民のために役立つ教育とは何かという事を考えつくられたものだが、改めて読むと素晴らしい。

=================================================

教育基本法の第1章第1条に、教育の目的として、「教育は、人格の完成を目指し、平和で民主的な国家及び社会の形成者として必要な資質を備えた心身ともに健康な国民の育成を期して行われなければならない。」と、かかれてあります。

 そして、その目的を実現するため、第2条には、つまり、人格の完成の中身である内容(目標)かかかれてあります。

 

1、幅広い知識と教養を身に付け、真理を求める態度を養い、豊かな情操と道徳心を培うとともに、健やかな身体を養うこと。

2、個人の価値を尊重して、その能力を伸ばし、創造性を培い、自主及び自律の精神を養うとともに、職業及び生活との関連を重視し、勤労を重んずる態度を養うこと。

3、正義と責任、男女の平等、自他の敬愛と協力を重んずるとともに、公共の精神に基づき、主体的に社会の形成に参画し、その発展に寄与する態度を養うこと。(略)

=================================================

つまり、教育の目的は、個人の人格の完成であり、それは自分の事ばかり考え、いい目をするのではなく、自分をしっかり鍛え社会性の格の高い人になりなさい。人格者になりなさい、ということだ。

これは、世界に誇るべき法律で、どの世界の宗教家が読んでも納得するだろう。

(特にISの指導者やトランプ・デュテルテといった指導者には読んで欲しい)

 

しかし、一番大事なことは、生徒の前に立つ自分自身だ。自分自身が自己研鑽し続けないと、教育者とは言えないだろう。人が、人のみが、人を創るのだから・・・。

 最近心に響いた言葉

  ”私の前にいるのは、生徒ではない。未来だ!”(ある教育者)

 このような先生に出会っていれば、ISやトランプやデュテルテは存在しなかっただろう。

                                        中井 信哉

2016.10.31

[36]忘れてしまった

「今日はブログにこれを書こう」
日々の生活でふと思うことがある。今日もパソコンの前に座ったらこれを書こう、と思っていたことがあった。
ところが、内容を忘れてしまった。
これはトシのせいか?違うと信じよう。
仕方ないから、今日はこれをネタにして書こう。
日々の生活で、しなければいけないことを忘れてしまった、ということが多かれ少なかれある。モノによるが、
①忘れてもあまり影響のない場合(例:今日の私のような場合)
②何とかなるとはいえ、忘れては困る場合(例:宿題やテキストを忘れる)
③忘れたら致命的な場合(例:入試の時間を忘れてすっぽかす)
がある。
皆さんも①ならまだ良いが②や③は絶対になくそう。手帳などに書いて毎日見るなど、自分なりに工夫しよう。
最後までお読みくださりありがとうございます。
(I)

2016.10.29

[35]勉強するのは生徒だけではない

今週ある生徒にやってもらった問題である。
(問)「結果」の対義語を書きなさい。
その生徒の答えは「要因」であった。「結果⇔原因」は対義語として覚えてほしいところであるが、ではなぜ「要因」ではダメなのか。生徒に説明しようと思ったが、適切な説明が浮かんでこない。
私の家にある辞書を引くと、要因は「主たる原因」となっている(私の家にある辞書を今日関ゼミへ持ってきた)。
これでは説明しても生徒が納得してくれないかも⋯というより、私自身が納得できない。
インターネットでいろいろ調べたが、これ!という快文(←こんな言葉あるのか?)がない。
やむを得ず稚拙な言葉での説明となったが、本人はこれで「結果⇔原因」は覚えてくれたと思う。
私はこの仕事を始めてもう20年になるが、まだまだ勉強することはいろいろある。
「先生は勉強しなくてもいい」と思っている人もいるようだが、とんでもない。先生だから勉強しなくてはいけないのである。
最後までお読みくださりありがとうございます。
(I)

2016.10.14

[34]あせらずにいこう

この時期になると大学入試で合格の吉報が届きだす。関ゼミでも「合格した」という嬉しい便りがきている。合格した皆さん、おめでとうございます。
しかし、全員合格できれば当然ベストであるが、残念な結果の人もいらっしゃる。また、この時期に入試を受けていない人もいらっしゃるだろう。
また、中学入試・高校入試はこの時期にないので当然合格の吉報はない。
他人の合格や、模試が良かった、という話を聞くと焦りが出てくるかもしれない。しかし、無理をしてはいけない。自分のできる範囲内で最大限の努力をしよう。
関ゼミの受験生全員から合格の吉報が届くよう期待する。
最後までお読みくださりありがとうございます。
(I)

2016.10.01

関ゼミ通信 平成28年10月号

関ゼミ通信【10月号】

 

リオの準決勝を思い出した。錦織圭選手がマリー選手に負けた後、「この2週間はたくさんのポジティブな面があった。次は必ず決勝に出たいと思います。」と言っていた。実は右足の調子がとても悪く、周りのファンや日本人以上に実は錦織自身がマリーとの死闘にも近い戦いができたことに驚いていた。

最後のナダルとの3位決定戦は、夢を信じて信じ抜いて闘う姿に、勇気をもらった。準備を万全にして、本気で向き合い、闘い、そして敗ける。この悔しい負けが、最高だ。これは人の人生において最良のパターンだ。

なぜなら、次こそ、勝ち抜ける様、決して手を抜かず、改善、改良し、次の目標に向け、最善を尽くすからだ。

 夏休みを頑張っていなかった人ほど「先生、あと受験までもう少しやから、終わりが見えたから頑張れる。これから頑張る!」と言ってくれます。『勉強はそんな短期間でできる程浅いものではないよ、本当に頑張る子は今日頑張ってるよ』と言いたいのをグッと押さえて、もう1度その言葉を信じてみよう!!

Ben E.Kingの「Stand by me」を聴きながら・・・

=================================================

Stand by Me

When the night has come And the land is dark And the moon is the only light we’ll see No, I won’t be afraid Oh, I won’t be afraid Just as long as you stand, stand by me So, darling, darling

Stand by me Oh, stand by me Oh, stand Stand by me Stand by me

If the sky that we look upon Should tumble and fall Or the mountains should crumble to the sea I won’t cry, I won’t cry No, I won’t shed a tear Just as long as you stand, stand by me And, darling, darling  Repeat

Darling, darling

2016.09.28

[33]残された時間は少ない

私の授業中にある生徒が発言した言葉である。
「受験までまだ〇ヶ月もある」
(注)〇について・・・本人の発言は具体的な数字であるが、発言した本人が特定できないよう伏せている。
とんでもない。「まだ~ある」ではなく「もう~しかない」である。受験生はどの学年でも同じだが、残された時間は少ない。するべきことはまだまだあるはずだ。「まだ~ある」というのは合格を確信しているのか、と言いたい。
残された時間は少ないのである。限られた時間を有効に使い、合格を勝ち取ってもらいたい。
最後までお読みくださりありがとうございます。
(I)

2016.09.26

[32]苦労のむくわれる時

皆さんは大相撲の大関「豪栄道」関をご存じであろうか。相撲好きなら当然知っているであろう名前である。昨日15戦全勝で初優勝を成し遂げた力士である。
この下の【 】内は相撲を知らない人のための解説なのでよくご存じの方は飛ばして読んでも差し支えない。
【豪栄道関は「大関」という地位である。「横綱」が最高地位で「大関」はその一つ下である。1場所15日間あり、大関に昇進する目安は3場所45日間で33勝、となっている(例外はある)。つまり横綱、大関は選ばれた者だけがなれる地位なのである。大関で負け越すと「カド番」と呼ばれるようになり、そのカド番で負け越すと一つ下の「関脇」に転落する。つまり負け越し(※)が2場所連続あると大関から転落する。
※=負け越しとは1場所15日間で7勝以下になることが確定することを言い、出場していない場合(休場)も負け越しとなる】
さて豪栄道関であるが、大関になってからはその地位でのプレッシャーや怪我などによりなかなか結果が出なかった。大関に昇進してから12場所で93勝86敗1休。単純に93÷12をすると7.75となり1場所8勝未満という計算になる。カド番も4回あり、【大関は普通1場所10勝以上するものだと考えられているので、】明らかに物足りない数字であった。成績が芳しくないということで方々からいろいろ文句を言われることもあったであろう。
ここで誰よりも苦労したのは本人だろう。その苦労が大関13場所目でようやくむくわれたのである。大関で全勝優勝した力士を見ると最近では平成24年9月に日馬【はるま】富士関が達成して、場所後に横綱昇進を果たしている。大関で全勝優勝というのはなかなか出ないのである。
さて、受験生の皆さんは今、苦労しているはずだろう。しかし、この豪栄道関のように努力をしていれば花咲くときが来るのである。今大変な思いの人もこの豪栄道関のように必ず花の咲くときが来ると考えて目標に向かう姿勢を続けよう。あと数カ月、私たち講師陣も皆さんの花がひらくよう心血を注ぐので、もうひと踏ん張りをしてほしい。
なお、このブログを執筆する際に、Wikipedia「豪栄道豪太郎」・「大相撲優勝力士」のページを参照している。
最後までお読みくださりありがとうございます。
(I)

2016.09.09

[31]諦めたら終わり

久しぶりのブログ更新である。サボっていたわけではないが期間があいてしまった。
夏休みも終わりそろそろ夏の疲れが出るころである。かくいう私が今、夏の疲れがきている。涼しくなってきたのがまだ救いだ。
さて、いよいよ勝負のときが来た。AO入試を予定している人はもう出願を済ませた、という状態かもしれない。
当たり前のことだが、諦めてはいけない。負の気持ちをできるだけ持たないようにしよう。
「入試に100%はない」
私がよく口にする言葉だ。これは合格がほぼ間違いない人への戒めであるが、逆に言うと受ける前から100%不合格、ということもないのだ。
実際あった話(大学入試ではないが)を挙げる。
入試まであと数日なので、過去問を解いたところ、満点が300であるにもかかわらず、合計点がその年の合格最低点に約100点足りない、ということがあった。
これは無謀だとは思ったが、お察しのとおり合格したのだ。
受けるからには、必ずチャンスはある。最後まで自分の持っているものを出すようにしよう。
最後までお読みくださりありがとうございます。
(I)

2016.09.01

関ゼミ通信 平成28年9月号

 いよいよ今年の夏も終わります。今年も10月から受験生の皆様に、過去問をお渡しし、点数を付けて日々お返ししていきます。毎年見ていると12月になると一気に過去問の点数が上がる生徒が多くなってきます。 (私大は、目標7割少し)

その為の土台作りが9月です。この1ヶ月で基礎を徹底しておかないと、過去問の見直しに膨大な時間がかかり過ぎ、数がこなせません。

 英語ならもう一度単語熟語、英文法・構文、短文訳、300語レベルの長文演習を仕上げていきましょう!

あとは、点数を稼ぎたい科目と、弱い科目の勉強時間の量と密度を上げていって下さい。

 ここからは集中力の差が、合否の差になります。どの科目も1回の勉強で最低1時間は勉強のゾーン状態に入ること!!

 

◆チャンスの女神は後ろ髪が禿げている。

◆幸運の女神は謙虚さを好む。(米長邦雄)

◆賢い人は自分の経験から学ぶ、もっと賢い人は他人の経験から学ぶ。

◆人生は心がけと努力次第。(安岡正篤)

◆若いとき流さなかった汗は、老いてから涙となって返ってくる。

◆艱難は忍耐を生じ、忍耐は練達を生じ、練達は希望を生ず。(聖書)

◆海より広いのは空、空より広いのは心、心あるところに宝あり。(手島郁郎)

◆小人は自分の能力のすべてを直接自分のためだけに使ってしまう。大人は能力の大半を世の中のために使う。

◆中途半端だと愚痴が出る。いい加減だと言い訳が出る。一生懸命だと知恵が出る。

◆目は美しいものを見よ。口は正しいことを伝えよ。手はよいことを行え。(前川原良)

◆人生に失敗がないと、人生を失敗する。(斉藤茂太)

◆できるかできないかではなく、望むか望まないか。(イチロー)

ページのトップへ
© 関学ゼミナール All Rights Reserved.