ブログ

2016.04.16

[2]もしも巨人と阪神の選手が全員入れ替わったら君はどっちのチームを応援する?

「もしも巨人と阪神の選手が全員入れ替わったら君はどっちのチームを応援する?」
で始まるこの歌。結局巨人を選ぶのですが(阪神ファン怒らないでね、選んだのは私ではないので)、理由が「目の前にある姿や形だけじゃなく、過ごしてきた歴史とかストーリ、胸に眠るいくつかの風景も含めて今があると思うから」。目先のことで精いっぱい、という方も多いですが、今まで積み重ねてきたものは多くあるはず。そういうものを大切にしてほしいと思います。今残念ながら浪人となり来年に向けて努力している方にはぜひ今までの努力は無駄でないこと、これからの努力は来年に結びつくことを知ってほしいですね。
最後にこの歌のエンディングをご紹介します。
「(君は)そのままですごい人なんだよ」
最後までお読みくださりありがとうございます。
(I)

2016.04.15

[1]新年度が始まりました

新しい年度が始まり、そろそろ授業もひととおり回ったのではないかと思います。

今の気持ちを忘れずに1年間頑張っていきましょう。

関学ゼミナール講師陣は皆さんの頑張りにお応えすべくスタンバイしております。質問等ございましたら遠慮なくおいでください。

最後までお読みくださりありがとうございます。
(I)

2016.02.01

関ゼミ通信 平成28年2月号

[2016 年2月号]
いよいよ受験生にとっては、最後の1 年が始まります。この時期から新学期によく見られるのは、将来やりたい事や目標校もある程度絞れてきた、勉強方法もだいたいわかった。あとは実行のみ!なのに、クラブや友人・家庭内での人間関係の煩わしさが影響し、やる気のアップダウンが激しくなり、その結果集中力・没頭力・持続力・思考力がそがれる事です。
この1 年は夢を叶える為に、色々なものを犠牲にしなくてはなりません。スマホ・ゲーム・漫画・TVは勿論だが、煩わしい人間関係に、引きずりこまれない事も大切だ。その為には、“他人の事を気にしない事”もその1つ。一旦、人が自分をどう思っているかが気になりだすと、止まらなくなり、勉強に身が入らなくなる。
行動心理学の25%の黄金率とは、例えば皆に好かれたいと思いいつもにこにこ八方美人ぶりを発揮したら、実際は知っている人の内25%つまり4 分の1 は、その人を好いてくれ、別の25%は八方美人ゆえその人を嫌います。又、人の意見を聞かず突っ走るリーダーにも25%はワンマンだから嫌われますが、頼もしいからと好いてくれる人も25%います。集団の中ではどんな人でも必ず25%の人はその人を嫌い、25%はその人が好きになる事がわかっています。
人間関係は自分が一所懸命努力しても自分を嫌う人がいるし、何の努力をしなくても自分を好いてくれる人がいます。残り50%の人は好きでも嫌いでもなく、どちらに転ぶかは自分が決めます。あなたを好くか嫌うかは人が決めます。だからあなたが、気にする必要はないのです。だからこんなことを気にして悩んだりするのは、時間のロス。適度の気分転換をしながら最低2~3 時間は100%没頭・集中して今やるべき勉強をする事。
まずこの習慣を2~3 日、そして1 週間、2 週間と続けていくと集中癖が付きます。
夢に向かって、夢を想い続けて努力した事は、決して無駄にはなりません。一緒に合格を勝ち取るまで頑張りましょう!

2016.01.01

関ゼミ通信 平成28年1月号

【1月号】~人の『想い』は変えられない~
人は、“行きたい学校”があるから、勉強する。その“想い”は誰も邪魔することはできない。その代償は、すべてに優先して、100%没頭してその行きたい学校の事を一心不乱に考え、勉強する事。他の事が、例えばクリスマスやファッションや遊びの事などが頭をよぎるようでは、皆が行きたいと思っている学校の合格はおぼつかない。やる時は100%の集中力をもって事に当たる生徒にのみ、受験の神様は微笑む。
その為には、自らを崖っぷちに立たせれるかどうかだ。最後の追い込み期に100%集中できる自分と出会うことこそ、受験勉強のメリットだ。逆に我々のような凡人は、この『集中力』をもってしか、元々頭のキャパが大きい人には対抗できない、そしてこの「集中力」は、連鎖し、先々で繰り返される。この時期の没頭感があれば、次のステージ、大学、社会人になっても、すぐに自分の『想い』を具現化する事に集中できるようになる。逆にこの時期に、『100%集中してやり切ったよな』という感覚がないと、先での充実感はなく、味気ない人生が待っている。
~34 期生全員の志望校合格を心より祈る~

2015.12.01

関ゼミ通信 平成27年12月号

日本では、卒業式というと、業(ぎょう)を卒(お)える、という意味になり、達成感・終了感を感じる意味合いになっていますが、英語では、commencement(開始)exercise(行事)といい、これから本格的な勉強や人生が始まるぞ、という意味合いになります。
正に、人生は一生勉強です。皆さんは、これまでのひとつの答えが有り、速く正確にそれを導くための勉強から、今後は答えのない問いに対しての勉強をすることがより大切です。
それを考えることが学びの本質になります。悔い残さずに、是非みんなに次の学習ステージへ上がっていって欲しいと思っています。受験生全員の志望校合格を心より信じています。
最後に、私の好きな言葉より
“過去と他人は変えられない。
未来と自分は変えられる。
“人生二度なし!”“人生、無駄なし!”

2015.11.01

関ゼミ通信 平成27年11月号

【11月号】
いよいよ入試が2 カ月でやってきます。早くから、この日を目標にトレーニングしてした生徒たち、その一人ひとりの熱い思いを考えると、全員に最高のプレゼントが待っていることを切実に願います。
しかし、入試は志望校から決して全員には微笑んでくれません。時には、小石を天まで積み上げるような努力でさえ、はじき飛ばされてしまうこともあります。
祈るだけ。それだけで臨めるほど、今までの努力は軽くありません。今できる事を冷静に考えて、日々精一杯生きる。難しく考えたところで、とんでもなく素晴らしい事ができるわけではありません。だからといって、今の状況で満足できる人なんて、一人もいないはず。とにかく、あがけるだけあがく。力を尽くした人にのみ、強く前進することができます。信じて進む生徒ほど、大いなる成長を遂げる人間はいません。
我々は、保護者の皆様と力を合わせて、お子様の成長を見守り、できる限りのバックアップをしていきたいと思います。

2015.10.01

関ゼミ通信 平成27年10月号

【10月号】
昨年の全米オープンの錦織圭の試合を思い出した。決勝でチリッチに負けた後、「この2週間はたくさんのポジティブな面があった。今日はトロフィーをゲットできませんでした、次には必ず取りたいと思います。」と言っていた。
実は、右足親指の手術の影響で、全米にでるかどうかわからない状態でスタートしており、前半の試合ではまともに歩けてさえいなかった。周りのファンや日本人以上に実は錦織自身が決勝に出れたことに驚いていた。
最後の決勝は、結果としては負けだが、夢を信じて信じ抜いて闘う姿に、勇気をもらった。
準備を万全にして、本気で向き合い、闘い、そして敗ける。この悔しい負けが、最高だ。
これは人の人生において最良のパターンだ。なぜなら、次こそ、勝ち抜ける様、決して手を抜かず、改善、改良し、次の目標に向け、最善を尽くすからだ。
夏休みを頑張っていなかった人ほど「先生、あと受験までもう少しやから、終わりが見えたから頑張れる。これから頑張る!」と言ってくれます。『勉強はそんな短期間でできる程浅いものではないよ、本当に頑張る子は今日頑張ってるよ』と言いたいのをグッと押さえて、もう1 度その言葉を信じてみよう!!
FUNKY MONKEY BABYS の「あとひとつ」を聴きながら。。。。
========================================
=========
あと一粒の涙で ひと言の勇気で 願いがかなう その時が来るって
僕は信じているから 君もあきらめないでいて 何度でも この両手を あの空へ
あの日もこんな夏だった 砂まじりの風が吹いていた
グランドの真上の空 夕日がまぶしくて どこまで頑張ればいいんだ
ぎゅっと脣噛みしめた そんな時 同じ目をした 君に出会ったんだ
そう 簡単じゃないからこそ 夢はこんなに輝くんだと
そう あの日の君の言葉 今でも胸に抱きしめてるよ
あと一粒の涙で ひと言の勇気で 願いがかなう その時が来るって
僕は信じているから 君もあきらめないでいて 何度でも この両手を あの空へ
のばして あの空へ
いつもどうしても素直になれずに 自信なんてまるで持てずに
校舎の裏側 人目を気にして歩いていた
誰かとぶつかりあうことを 心のどこかで遠ざけた
それは本当の自分を 見せるのが怖いだけだったんだと
教えてくれたのは 君と過ごした今日までの日々
そう初めて口に出来た 泣きたいくらいの本当の夢を
あとひとつの坂道を ひとつだけの夜を 越えられたなら 笑える日がくるって
今日も信じてるから 君もあきらめないでいて何度でも この両手を あの空へ のばし
て あの空へ
あつくなっても無駄なんて言葉 聞き飽きたよ もしもどうだとしても
抑えきれないこの気持ちを 希望と呼ぶなら いったい 誰が止められると言うのだろう

2015.09.01

関ゼミ通信 平成27年9月号

【9月号】
天声人語より。
=======================================
新聞紙上のたった2 行のほめ言葉が、無名だった画家を励まして、押しも押されもせぬ存在に導いた話がある。シルクロードの絵で知られる故平山郁夫さんは20代の終わり、体調の悪化をおして「仏教伝来」を描き、日本美術院展に出品した。
数日して、名高い美術評論家だった河北倫明の院展評が新聞に載る。記事の末尾で「おもしろい味がある」とだけほめていた。平山さんは歓喜する。何度も読み返しては、励みにして描き続けた。「ボクシングでいえばダウン寸前に救われた」と。
その2行がなければ、のちの輝かしい画業はなかったかもしれない。そう思えば、ほめる言葉は大切だ。実際のところ、ほめられることで運動技能は向上するのだという。日本の科学者グループが先ごろ実験の結果を発表した。
キーボードを打つ速さで調べた。1回目を打ち終わった後にほめられた人たちは、2回目の結果が20%上昇した。「ほめて伸ばす」ことの科学的な妥当性が示されたと、グループは分析している。人間の脳は、ほめられることを報酬と感じ取るそうだ。平山さんとキーボードの実験は、かけ離れているようだが根は同じだろう。芸術も日常生活も、なべて人の営みである。
「三つ叱って五つほめ七つ教えて子は育つ」などと俗言にいう。なかなかの塩梅と言うべきか、中学生も、親にほめられることの多い子は自己否定感が低いという調査結果がある。ほめ上手にして叱り上手。誰もそうありたいと願うところだが、さて。
=======================================
教育学的には、人間が成長する上で時としてそれぞれの持つ弱さを受け止める(受容)ことと、成長を促すために弱い部分を指摘する(対峙)ことがどうしても必要で、そのバランスが一番難しい。受容ばかりでは、成長するために努力しようという気持ちが育たず、又対峙してばかりでは、本来伝えたいと思っていることが伝わり切らない。「どうせ自分なんか・・・」と自己肯定感が低くなります。しかし逆に、どんな事に対してもほめられてしまえば、逆に張り合いがなくなり、頑張りきれません。
模試の結果が悪い時、不調な時こそ切り替えを早くして、淡々と頑張る!!逆境にも強くなる様にするには、どうすればいいのか・・・。
日々葛藤!!!日々格闘!!!

2015.08.01

関ゼミ通信 平成27年8月号

関ゼミ通信
【8月号】
四天王寺一音院の御住職から頂いた月めくりの暦より。
9 月のお言葉より。
泉涌寺(せんにゅうじ)<京都市東山区にある総本山> 上村貞郎長老
『一歩一歩 又 一歩』
「人生は自分の進むべき道を一歩ずつ、着実に歩みましょう。楽をして、早くはだめですよ。」
10 月のお言葉より。
『共是凡夫耳』(ともにこれぼんふのみ)
「われ必ず聖なるにあらず、彼必ず愚なるにあらず。共にこれ凡夫のみ」と聖徳
太子は説かれ、我々に凡夫の自覚に立つよう教えられた。この自覚に立てば、自分自身を絶対視することをやめて他の声にも素直に耳を傾けることが出来、その結果により優れた考えに到うることが出来るとの考え。
憲法十七条の十より〔聖徳太子〕
関ゼミに集うすべての人の戒めに・・・。

2015.07.01

関ゼミ通信 平成27年7月号

 ~今年の夏も二度とこない~
期末に、クラブに、友人達との付き合いに、ゲームに、TVに、色々な趣味に時間をかけている皆さんへ
ひとしきりやりたい事をやってから“そろそろ勉強しようかな!”と思っている皆さんへ
まず今日から3 日間、“勉強”以外の事は全て『非日常』とし意識して生活してみてください。皆さんにとっては、学生にとっては“勉強”が『日常』(当たり前の空気のようなもの)です。他の事をやってたら、後ろめたさを感じて欲しい。そう意識すれば、潜在意識化され、本当に勉強するのが当たり前になり、嫌でなくなってきます。
「自助論」(サミュエル・スマイルズ著)より
「人間の優秀は、その人がどれだけ精一杯努力してきたかで決まる。怠け者は、どんな分野にしろ、優れた業績を上げることなどとうていできない。」
「最大限の努力を払ってでも勤勉の習慣を身につけなければならない。それさえできれば、何事においても進歩や上達は目に見えて早くなるだろう。また「習うより慣れろ」の言葉通り、同じことを何度も反復練習する必要がある。それなしには、たとえどれほど簡単な技術であろうと、ものにはできない。逆に、繰り返し訓練を積めば、どんなに困難な目標でも必ず達成できる。」
「どんな逆境にあっても希望を失ってはならない。いったん希望を失えば、何ものをもってしてもそれに代えることはできない。しかも、希望を捨てた人間は人間性まで墜落して
しまう。」
「われわれは助けるのは偶然の力ではなく、確固とした目標に向かって粘り強く勤勉に歩んでいこうとする姿勢なのだ。」
この夏、関ゼミ34 期生が全力を尽くして頑張ってくれると信じています。

ページのトップへ
© 関学ゼミナール All Rights Reserved.